とりのゲーム

ゲームの感想を書いています🎮

シリアルクリーナー ジョージの裏シゴト ( Nintendo Switch )

 

今回プレイしたのはこちら

 

f:id:torinoblog080:20200226145335j:plain

 

 

シリアルクリーナー ジョージの裏シゴト
( Nintendo Switch )

 

こちらの商品がダウンロードソフトのセールで

かなり安くなっていたので購入してみました

 

あまりにも割引されていたのでちょっと心配したのですがw

プレイしてみたら満足度が高い作品でした!

ゲームの内容や操作方法を紹介していきますね

 

※これより下の記事内にプレイ画面の

 スクショを貼っているのですが

 ゲームの内容により血痕が描かれているので

 苦手な方はお気を付けください

 

f:id:torinoblog080:20200226145340j:plain

 

 

“掃除屋”として生活する、ある男の物語。
ヤツの名は「ジョージ」。またの名を「シリアルクリーナー」。

 

本作は警官の目を盗んで殺人現場の遺体と証拠品を回収する
ステルスアクションゲームです。

 

Nintendo Storeより一部引用

 

 

 

 

ゲームの内容や操作方法

あらすじ

 

主人公ジョージとなって

自宅の電話にかかってきた依頼を受け

 

f:id:torinoblog080:20200226145345j:plain

 

殺人現場に赴き

 

f:id:torinoblog080:20200226145349j:plain

 

現場にいる警察官に見つからないように遺体の回収か処理

証拠品の回収や必要であれば掃除機で血痕を吸い取って

依頼通りにミッションを遂行したら立ち去るゲームです

(なんだそりゃって感じですがw)

 

f:id:torinoblog080:20200226145354j:plain

 

 遺体の処理の方法は車に乗せて持ち帰る以外にも

ステージ内で処理できる方法もあって...

水槽のお魚さんに処理してもらったり

薬品や電車でなど

他にも色々あってバラエティに富んでますよ!

なんてブラック!!

 

f:id:torinoblog080:20200226145357j:plain

 

操作方法

操作方法はこちら

 

f:id:torinoblog080:20200226145400j:plain

 

Aボタンは物を拾ったり使う時、Yボタンは遺体を拾ったり下ろす時

ZLはマップ全体を見られて、ZRは掃除機で血痕の吸い取り

 

シンプルで、ボタンを組み合わせるような

複雑な操作はありません

プレイ中にも+ボタンで確認できます。

 

ゲーム内容

 

ステージの画面はこちら

 

f:id:torinoblog080:20200226145403j:plain

 

警察官には目視できる範囲があり

(画像の警察官の周囲のオレンジ色になっている部分)

 

f:id:torinoblog080:20200226145407j:plain

 

そこに入ってしまうと見つかって

(範囲が赤くなる)

追いかけられて捕まってしまいます

 

f:id:torinoblog080:20200226145411j:plain

 

捕まったらスタートからやり直し

でも即リスタートされるのでストレスなくプレイできますよ

 

 

夜モードもあり、そちらだとかなり見づらくなります

 

f:id:torinoblog080:20200226145416j:plain

 

移動時の音

移動すると足元に出るダイヤの形が表示されるのですが

それは音が出ている時

音でも警察官に気付かれます

 

歩いている時と掃除機を使っている時では

音の反応範囲が変わるので注意です

 

f:id:torinoblog080:20200226145419j:plain

 

ちなみに目視できる範囲が外れていて

音を出さなければ警察官は気付きません

 

f:id:torinoblog080:20200226145423j:plain

 

真横を通過してますがな(  ゚Д゚ )

 

警察官から身を守るには

 

見つかった後の逃走ですが、警察官は足が速いので

何もないところをただ走るだけでは

逃げ切るのは難しいです

 

隠れられる場所が用意されているので入ったり

(目の前で入っても気付かないですw)

 

f:id:torinoblog080:20200226145426j:plain

 

扉があれば閉めたりして

警察官の目に入らないようにしましょう

 

f:id:torinoblog080:20200226145431j:plain

 

 扉は閉めて警察官を閉じ込めたりも出来ますよ

 

f:id:torinoblog080:20200226145436j:plain

 

ゲームが進んでいくと

音の出る物で警察官の目を逸らせたり

 

f:id:torinoblog080:20200226145442j:plain

 

近道できる場所や

一度動かさないと入れないところがあったりと

 

f:id:torinoblog080:20200226145445j:plain

 

マップ自体も複雑になり

警察官の人数も増えて難易度が上がっていきます

 

しかし警察官に捕まったり、+ボタンで出る

メニューからリスタートをさせると

その度に隠れる場所や遺体、証拠品の位置が変わるので

 

自分のやりやすい位置になってからチャレンジするのもいいと思います!

リスタート時の読み込みも早いのでそんなにストレスにならないと思いますよ

 

やりこみ要素

 

やり込み要素ですが、ステージによっては

ファッション雑誌が落ちていて、そちらを拾うと

アウトフィットというコスチュームが手に入ります

 

f:id:torinoblog080:20200226145448j:plain

 

もう一つ、フィルムリールというアイテムもあり、

そちらを拾うとボーナスステージがアンロックされます

 

f:id:torinoblog080:20200226145451j:plain

 

他にも昼と夜それぞれにチャレンジがあるので

やり込み要素もバッチリです!

 

f:id:torinoblog080:20200226145455j:plain

 

昼モードと、夜モード 

上にも書いている夜のモードですが

 

こちらのゲームはリアルタイムに対応しているそうで

デフォルトではそれがオン状態です

 

私は主に夜に起動になるので

毎回夜は見づらくて嫌でリアルタイムは外しました

チャレンジに挑戦する時はまたオンにしようと思います

 

メインメニューのオプションからできますよ

 

f:id:torinoblog080:20200226145458j:plain


ストーリー

 

ただ依頼をこなすだけでなく

ステージクリアーの合間にはストーリーがあります

 

母親と同居しているジョージ

 

f:id:torinoblog080:20200226145321j:plain

 

ギャンブル好きで借金があり

その返済のために清掃作業をしています

 

自宅の電話に入る殺人現場の清掃依頼

いつもと違う依頼人ですが行う作業は同じなので

依頼を受けて清掃作業を繰り返していたジョージ

 

それが巷を賑わせている連続殺人犯"エコーキラー"の現場ではないか?と思い始める

果たして依頼主とエコーキラーとの関係は

そして、それを請け負ってしまっているかもしれない

ジョージはどうなるのか...そんなストーリーになっています

 

自宅にはテレビ、ラジオ、新聞があって

それぞれストーリーに合わせて内容が変わっていきます

 

f:id:torinoblog080:20200226145325j:plain

 

ステージクリアー後には確認してみるのも楽しいですよ

 

 

母親とジョージの関係は良好なようです

ジョージは母親を心配したり、優しく声をかけたり

 

f:id:torinoblog080:20200226145328j:plain

 

ならギャンブルはやめて

裏じゃないお仕事しようよジョージィィィ!

 

感想

失礼ながら…お値段がかなりセールになっていたので

あまり期待はしていなかったのですが面白かったです!

 

警察官は基本同じ動きの繰り返しなので

よく観察していたらパターンが読めてきて

アクション苦手な私でも何度かチャレンジしていたら

クリアーできました

 

 殺人現場のお掃除といっても

グラフィックもおしゃれで、音楽もかっこよく 

そこまで生々しい感じではなかったです

 

しかし殺人、血の表現があるからか

CERO D (17歳以上対象)

となっておりますので

お子様がプレイされる時はお気を付けください

 

 

ec.nintendo.com

 

 

f:id:torinoblog080:20200226145332j:plain

 

ずらかれ!